HOME > ホワイトニング基礎知識

ホワイトニング基礎知識

ホワイトニングに関する基本的な知識をご紹介します

ホワイトニング
歯の表面の汚れを取るのではなく、歯の中の色素を分解して白く明るくするもの。
ウォーキングブリーチ
神経がない歯の変色を白くする。神経を削った穴の内部にホワイトニング剤を入れ白くします。
LEDホワイトニング
LED光によるホワイトニングは歯を白くすると同時に、歯周病の予防と改善、口腔内の洗浄、口臭予防効果なども期待できます。
エアーフロー
歯の表面についた着色汚れを漂白して白くするのではなく、パウダーやウォータースプレーで表面の汚れを落とす機械。
エナメル質
歯の表層〔表面〕、身体の中で一番硬い。フルーツなど酸の強い物を含んだ時に、歯をコーティングして守ってくれています。
オフィスホワイトニング
高い濃度のホワイトニング剤を使用して、特殊な光で照射する事により薬剤の効果をより高めることができます。歯科医院やホワイトニングサロンで医師、歯科衛生士が行います。
ホームホワイトニング
ご自身で行うケア方法で、歯科医院や、ホワイトニングサロンで専用のマウスピースを作って、マウスピースの中にに薬剤を入れご自宅などでご自身で行う。
過酸化水素
主に歯科医、専門サロンでホワイトニングに使用する薬剤です。酸素と水素の結合体です。温度の変化により活性酸素と水素分解され歯の中の着色汚れ分解することにより白くします。漂白効果は高い ですが刺激も強いです。体内に入っても安全です。
過酸化尿素
ホームホワイトニング剤として使用されています。酸素と尿素で1つになったものです。水分等によりすぐに分解されます。ホワイトニングの効果は過酸化水素の1/3程度です。
二酸化チタン
チタンは酸化物で「二酸化チタン」や「酸化チタン」と呼ばれています。食品、歯磨き粉、カプセルなどの医薬品、化粧品など多くのの物にしようされている。代表的なものだとホワイトチョコレートなどにしょうされている。二酸化チタンに日光や蛍光灯があたるだけで、光触媒作用がおきます。ホワイトニング効果があがります。
ホワイトコート
歯のマネキュアの1つ。歯の表面に薄くプラスチックの詰め物を塗布すると、歯が白くなります。歯を傷つける心配は少なく身体への害や痛みはありません。
ルートプレーニング
歯の表面清掃。歯石を取った後は歯の表面が滑らかになり歯石がつきにくくなる。
マウスピース
激しい衝撃をともなうスポーツをする時に、外側の傷を予防する為に使用する器具。
変色歯
喫煙、飲食、虫歯など外因性のもの、投薬、加齢、神経を抜いた歯、内因性のもの二つあります。これらが歯の変色の原因。
ペリクル
ホワイトニングをする時に歯の表面を保護する膜〔タンパク質での膜〕一時的に消失してしまう。
フッ素
歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯予防をする成分。
フリーラジカル
フリーラジカルとは近くにある分子を奪ってしまう力があり、酸化させてしまう。歯のホワイトニングの場合フリーラジカルを発生させる薬を塗布し光をあてるとフリーラジカルが発生し、歯の着色のもとを分解して白く輝く歯にします。
フロス
歯と歯の隙間の歯石をとる糸楊枝
プラーク
食べ物、糖分の食べかすが繁殖し、細菌塊になる。放置していると歯周病や虫歯の原因になる。
PMTC
歯の表面にタバコのヤニや飲み物で付いたステイン
タッチアップ
ホワイトニング後再度行うこと。メンテナンス
テトラサイクリン
幼少期に服用した抗生剤を服用した副作用で出来てしまう。前歯に対照的に縞模様入る。グレー、茶色、オレンジ色など様々です。
ホワイトスポット
白い斑点模様が特徴。原因はエナメル質の石灰化不全によるもの。ホワイトバンドラインのように縞模様にあるのが特徴です。原因はエナメル質の石灰化不全によるもの。
顎関節症
アゴの関節周辺に異常があって痛い・アゴが鳴る・口が開けづらい症状のこと
口内炎
口の中や舌の粘膜が炎症してしまうこと
ステイン
歯の表面に汚れ着色がついてしまうこと。
知覚過敏
歯の表面のエナメル質が剥がれてしまい、中の象牙質が露出してしまい、しみる症状
シェードガード
歯の色見本のこと。ホワイトニング、詰め物などで使用します。
プライダルホワイトニング
結婚式前にする歯のホワイトニングエステ
マウストレ竏驤€
マウストレーの中にホワイトニング剤を入れ口に装着するトレー。ホームホワイトニングの時に使用するもの。
光線過敏症
日光アレルギーとも呼ばれており、日光によって引き起こされる免疫システムの反応で主に2種類あり、日光じんま疹と化学物質による光感作、